ペアルックでも恥ずかしくないオリジナルキャップを被るメリット

サイトマップ
キャップ

登山に適したキャップで安全確保

平地よりも高い位置にある山に登ると、通常よりも直射日光によるダメージが大きくなるので、キャップによって頭を保護するのが鉄則です。樹木からは虫、斜面では泥などの落下物があるため、キャップをかぶっていることで怪我をしなかった事例もあります。さらに、頭部は皮膚のすぐ下に骨がある構造ゆえ、温度変化の影響を受けやすく、寒さ対策としても重要です。
登山で役に立つキャップとしては、やはり登山用品を扱っているメーカーのものが高性能で、防水機能があれば簡易的な雨具としても使えます。不安定な道もある山では、両手を自由に使えるレインウェアが基本的な雨具ですが、小雨ぐらいならキャップやフードによって済ませるケースも多いです。ただし、ツバが前方にしかないので、首周りも保護できるハットと使い分けをすることも検討しておきましょう。
登山用のキャップは使い勝手が抜群だから、予定していたキャンプ地に到着して、テントの設営や食事の準備をする時にも視界や動きを妨げません。内部の汗を外に逃がしながらも、高い防水性能を兼ね備えた新素材によるキャップがあるのも、登山用の大きな特徴です。デザインよりも機能性を追求したキャップが主流で、汗によって一時的に湿っても、速乾性によってすぐに快適な状態に戻ります。

TOP